• ホーム
  • ダポキセチンって長く飲み続けても大丈夫なの?

ダポキセチンって長く飲み続けても大丈夫なの?

医者と話す医者

ダポキセチンはSSRIの薬なので長く飲み続けると緊張や不安などに効果的で、早漏予防では射精時間が3分以上長くなるので、セックスの直前に服用するよりも効果的です。
SSRIの薬は脳内のセロトニンの量を一定にする働きがあるので、長く飲み続けることでセロトニンが安定した状態にすることができるので、早漏を根本的に治癒する可能性があります。
副作用としては長く飲み続けることで意欲が低下して、性欲低下などの症状が出るリスクがあることで、これらの症状が見られたらすぐに医療機関を受診して他の薬に切り替えることが必要になります。
ダポキセチンはSSRIの射精障害の副作用を利用して開発された薬なので他のSSRIの薬に比べると早漏に対する効果が高くなっています。
射精までの時間が長くなるのは、脳内の興奮を抑えることで亀頭の感覚が鈍くなるのが理由で、興奮が強く抑えられると射精ができない場合があるので使用量を調節するなどして適切な時間で射精できるように心がけることが大切です。
射精に関しては肉体的な疲労や精神的なストレスによって早漏などになりやすいので、薬を服用する前に休養をとることが重要で、体を休ませることで性欲が高まって、正常なセックスができる可能性があります。
男性は脳が興奮してしまうと、心臓などに血液が集中してしまうのでペニスが勃起しにくくなるので、不安や緊張などの気持ちが起きないように女性の体などに集中しなければなりません。
仕事などのストレスがあると脳が興奮し続けるので交感神経が活発に働いてペニスに血液が送られなくなります。
EDはこの状態が長く続いた場合の症状で、ゆっくりと体を休めることで自然に治癒することもあります。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索