黄色の錠剤と瓶

ダポキセチンは男性の性行為における早漏を防止することを目的とした薬であり、いわゆる早漏防止薬と呼ばれるものです。
ダポキセチンの働きとしては抗うつ剤と同じ性質を持って持っており、神経に作用して早漏を防止します。
ダポキセチンの働きとしては神経の末端へとセトロニンが取り込まれていく仕組みを阻害するというものです。
もともとダポキセチンはセトロニンの取り込みを阻害するSSRIと呼ばれる抗うつ剤の副作用として精力が減退があり、それを研究して早漏防止薬としたものになります。
ダポキセチンの働きによって性的刺激による脳の興奮を一定に抑えることができその結果、射精に至るまでの時間を引き延ばすことができます。
具体的には射精に至るまでの時間が普段の約3倍程度とされています。
一方でダポキセチンは、もともとは抗うつ剤と同じ性質をもっているため、神経に作用する薬になり一定のリスクが存在する薬になります。
このため中枢神経に作用する薬との併用では危険が伴いますし、またダポキセチンは男性向けに開発されたものであり、女性が使用することは禁止されています。
対象年齢も18歳以上となっています。
いずれにしても他の薬と併用するには注意がいる薬になります副作用に関しては神経に作用するため頭痛や嘔吐感、血圧の上昇、腹痛、下痢、むくみ、疲労感、不眠などの症状が報告されています。
また稀な副作用としては蕁麻疹や発疹、呼吸異常などがありますが、副作用の多くは通常は1時間程度で収まるとされます。
ダポキセチンは、比較的有名な早漏治療薬として国内の病院でも処方される薬になりますが、健康保険の適用外のため全額負担になります。
このためジェネリック医薬品などの個人輸入も盛んに行われています。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

最近の投稿
    アーカイブ
      人気記事一覧
        サイト内検索